• DOCTOR'S COLUMN
17.03.18|師匠!大変お疲れ様でした。

師匠!大変お疲れ様でした。
先日、かつて母校の矯正科で卒後すぐの初々しい私が、大変お世話になった、秋本進先生の退職祝いの会に行って参りました。
40年間大学矯正学教室一本で勤務され、師匠もおそらく65歳、私も50歳に・・・いつの間にか年月は重ねられていたのですね〜(複雑な矯正ワイヤー曲げや、診断学等お世話になりました。懐かしい〜!)
会場に伺うと、多くの教え子の先生方、医局の先生方でいっぱいでした。
まずは記念講演で、その40年間の矯正臨床の講演を拝聴し(研修時代よく耳にした懐かしい秋本節を心地よく聞きながら)
その後、懇親会です。矯正歯科学会等でいつもよく会う先生もいれば、久しぶりの先輩後輩にも会うこともできて、大いに盛り上がり、嫌な予感がしたのですが(笑)学生時代によくやっていたエールをなぜか、僕がやることになり、その後、また歓談云云
最後は秋本先生のご挨拶で楽しい会も終了、名残惜しい気持ちを引きずりながら散開となりました。
まだ、大学の矯正科には顔を出されるとのことでしたので、またお会いしたいですね。





矯正科同期の先生達と温和で優しい師匠を囲んでカシャ!


 
 
 
患者さんの声