• DOCTOR'S COLUMN
17.10.25|'17日本矯正歯科学会~札幌

 秋の長雨がやっと終わりましたね。(トドメが台風でしたが)
さて、先日19日(木)20日(金)と、札幌で行われました日本矯正歯科学会に行って参りました。
関東は毎日雨マークでウンザリしておりましたが、札幌滞在2日間は、晴れていて、こちらでの雨が長すぎたせいもあり不思議な感覚でした。
 開会式後の最初の講演は、埋伏歯(何らかの原因で顎の骨の中に埋まっている歯)についてでしたが、こちらは私も所属しております日本臨床矯正歯科医会 神奈川支部の学術委員の先生がまとめられたデータも出ていて、10歳前後のレントゲン診査をできたら"早めに" "多く"の方が行えたら・・・等の大切さを意識させられました。聴講者も多く関心の高さが伺えました。
 また今回も材料、機器のメーカーさんのブースも充実しており、ブース内のセミナーもここ数年盛り上がっております。
デジタル化の波は大きく、いろんなメーカーで3Dスキャナーが展示されておりました。
精度も上がっている様で、将来的には、僕もそうですが、多くの患者さんがあまり好きでない歯型取りが、必要なくなるかもしれません!!
当然歯型を採った後は、診断するために模型が欲しいわけですが、それは3Dプリンターで作製するとなるわけです・・・・
デジタル化の波に乗っていけるのか??いや!乗らなくてはならなくなるであろう!!(笑)
でもスキャナー等まだ高価ですね~・・・将来に向けての課題です。








 
 
 
患者さんの声